流山市の歯医者なら北原歯科医院 おおたかの森診療室

045-786-0915

MENU

予防歯科(定期検診)

待ち時間ほぼなし!

予約優先急患受付 スマホ・PCで簡単予約

今すぐ空き状況をチェック!

WEB予約電話をかける

歯の掃除できていますか?

こんなお悩みありませんか?
ただ、痛みがないからといって歯医者に行くのを後回しにしてしまう方も多くいらっしゃいます。しかし、生涯歯を残していくためには日頃のケアが欠かせません。

当院では歯が痛くなってから治療するのではなく、痛くなる前に虫歯や歯周病などの病気を予防する「予防歯科」に力を入れています。

放っておくと
身体にも医療費にも負担が...

「歯医者は痛くなってから行けばいい」

このように考える方は少なくありません。ただ、痛みが出てから歯医者へ行くことは「①医療費」「②痛み」の面で負担がかかる可能性があります。

「医療費」の負担を減らす!

「定期的に検診に通うなら、その分お金がかかるのでは…」と思われがちですが、実は定期検診に通っている方が治療費を抑えることが出来ます。 上の図は「3か月に1回の定期検診に来られる方」と「歯が痛くなったり、腫れたりしてから通院する方」の治療費を比較した図です。

80年間という長い年月の中で約3倍もの差(金額にして284万円)が出ています。 定期検診で虫歯を予防することは歯を健康に保つだけでなく、金銭的負担を軽くすることができるのです。

「痛み」の負担を減らす!

「治療が痛いのは嫌だ」というのは、歯医者に来る方なら誰もが思うことです。しかし、虫歯が進行すればするほど、より負担のかかる治療が必要になります。

実際に痛みがあっても、通院を後回しにしてしまい深刻な状態になってしまうケースもあります。そうなる前に、定期的な口腔ケアで歯の病気を予防することが大切です。

こんなお悩みに対応します

  • 虫歯がないか診てほしい
  • 歯科検診を受けたい
  • 歯石を除去してほしい
  • 歯の着色が気になる
  • 乳歯が生えてきたので診てほしい
  • 子どもにフッ素を塗ってほしい

など、歯の掃除・クリーニングや定期検診に関することは当院までお気軽にご相談ください。

北原歯科医院が選ばれる理由

歯科衛生士が歯磨きのコツもお伝えします

歯の健康を保つためには、主に歯科医院などで行う「プロケア」(プロフェッショナルケア)」と、歯科医師や歯科衛生士の指導に基づいた毎日の「セルフケア(歯磨き)」の2つをきちんと行うことが大切です。

この2つを積極的に実践し、虫歯や歯周病を予防するために、歯科衛生士が自宅での毎日の口腔ケアの仕方をお伝えします。

お子さまの検診にも対応

乳歯が生えてきたタイミングで歯科検診に来院される親御さまも多くいらっしゃいます。当院では、お子さまの虫歯予防のためフッ素塗布などにも対応しています。

今後生え変わる永久歯に悪い影響を与えないためにも、乳歯のうちから歯科予防をしていくことが大切です。

徹底した感染症対策

当院では、スタッフや来院される患者様の検温・消毒を実施し、飛沫感染対策のため受付にパーテンションを設置しています。また、人の手に触れる箇所の定期的な掃除や空気清浄機の稼働などの感染症対策に努めています。

診察の流れ

1.お口の中をチェック

治療した歯だけにとどまらず、他の歯も新たに悪くなっているところはないかチェックします。

2.歯周ポケットの検査

歯周ポケットの検査をして、歯肉の炎症や出血、ポケットの深さを調べます。歯周病の方は出血してしまったり、ポケットが深くなっていたりします。

3.歯の掃除

歯磨きだけでは落とせない汚れを専門の器具を使ってきれいに取り除きます。

4.アドバイス

状況によって毎日のお口のケアの仕方をお伝えします。

ご予約はこちら

診療時間のご案内

日・祝
9:00~13:00××
14:00~19:00×-×
14:30~19:00--×--×

完全
予約制

診療時間 / 9:00~19:00
最終受付30分前
休診/水曜・日曜・祝日

急な変更が生じる場合がございます

待ち時間ほぼなし!

予約優先急患受付 スマホ・PCで簡単予約

今すぐ空き状況をチェック!

WEB予約電話をかける

よくある質問

歯石を放っておくとどうなる?
歯石を放っておくと歯周病になる確率が高くなっていきますが、特別何かに影響するものでもありません。 ただ、歯石にさらに歯垢が付着し、これまでと同じように石灰化すれば歯石は増えていくばかりで歯茎などに負担はかかってきます。 そうしていくと負担のかかった部分には、もちろん弱くなっていってしまうので歯の健康のためにも歯石は取り除くことをおすすめします。
自宅での歯磨きだけではダメ?
自宅での歯磨きでは歯ブラシだけでなく、歯間ブラシやフロスを用いて口腔ケアをすることを推奨しています。また、ご自身では落としきれない歯の汚れも出てきますので、歯医者での定期検診を受診しましょう。歯科衛生士が専用の器具を使い、歯石や汚れを落とし綺麗にしていきます。
妊娠中でも歯医者に行っていいの?
妊娠中での歯科検診は、生まれてくる赤ちゃんのためにもなります。赤ちゃんが虫歯になる原因は、スプーンやお箸を介して大人の虫歯菌がお口の中に入ってしますことにあります。ぜひ出産前にご自身の口内環境をチェックし、歯の健康を維持していきましょう。

関連ページ

トップページ 当院の特徴 医院紹介 診療案内 アクセス ご予約はこちら
トップページ
当院の特徴
医院紹介
診療案内
アクセス
ご予約はこちら